オスラー病において鼻粘膜皮膚置換術を行った22例の臨床的検討 Clinical 22-Case Study of Hereditary Hemorrhagic Telangiectasia Subjects Undergoing Nasal Dermoplasty

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オスラー病に伴う鼻出血は止血が非常に困難で耳鼻咽喉科医でも難渋する. 中等症—重症の鼻出血の治療については鼻粘膜皮膚置換術が適応となる. 今回われわれは2000年1月から2009年11月までの10年間に, 当院でオスラー病に対して鼻粘膜皮膚置換術を行った22例について臨床的検討を行ったので報告する.<br>鼻粘膜皮膚置換術は, 以前から行っていた方法 (旧術式) で13例, 2008年4月からは鼻弁部で移植皮膚を折り返す新術式で9例施行した. 新術式に変更してからの症例は鼻出血スコアの低下傾向があり, 旧術式と比べオスラー病による鼻出血に悩む患者のQOLの改善にさらに寄与できる可能性がある.

Hereditary hemorrhagic telangiectasia (HHT)-a systemic autosomal dominant disorder adversely affecting skin, mucous membranes, and visceral blood vessels-typically shows epistaxis. In this pathological condition, even minor stimulation may cause bleeding and hemostasis is unlikely to occur. Subjects with HHT showing severe nasal bleeding require nasal dermoplasty (ND).<br>We report our experience in 22 cases of HHT undergoing ND seen from January 2000 to November 2009. Average age at surgery was 55.8 years. Since April 2008, we modified ND, cut the harvested skin graft from the lateral thigh in halves and spread each strip on the anterior halves of the nasal cavity. Placement was circumferential in the sequence of agger nasi, nasal valve, septum, floor, and inferior turbinate. Before this technique was used, bleeding could not be controlled in 3 of 14 cases. Two of the 3 had histories of arterial embolization. Subjects undergoing the new technique have enjoyed improved quality of life.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 115(2), 108-111, 2012-02-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285992
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023542607
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ