都市部(東京都)の一診療所におけるスギ花粉症患者の受診動態(第2報) : 千代田区における20年間(平成2年-21年)の検討 Consultation Patterns among Japanese Cedar Pollinosis Subjects at an Urban Clinic Report 2 : a 20-Year Experience (1990-2009) in Chiyoda Ward, Tokyo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スギ花粉飛散シーズンのスギ花粉症患者の受診動態を明らかにするため, 平成2年から平成21年までの20年間のスギ花粉飛散期間中に東京都千代田区にある筆頭著者の私設診療所においてスギ花粉症患者の受診者数調査を行い, 花粉数との関係につき検討を行った.<br>平成2年から平成21年の20年間について, 年毎の花粉数と初診患者数の関係をみると, 一次回帰でy=0.0897x+627.47, R<SUP>2</SUP>=0.7851 (p<0.001) と高い相関を示した. また調査期間を1月初めからとした平成6年以降の16年間についてみると, 対数回帰でy=257.43Ln(x)-1014.8, R<SUP>2</SUP>=0.9542 (p<0.001) と非常に高い相関を示し, 花粉数の予測値からその年の患者数もかなり高い精度で予測できるものと考えられた.<br>再診患者数は花粉数との相関があまりみられず, 年々減少傾向を示した. 平均再診回数は平成2年には2.6回だったものが徐々に減少し, 平成18年には0.73回にまで減少したが, これには薬剤の長期投与や一部負担金の増加により受診回数に抑制がかかっていることが影響していると考えられた.

To determine the consultation patterns of Japanese cedar pollinosis subjects during the pollen dispersal season, we surveyed those treated at a private clinic in Chiyoda Ward, Tokyo, from 1990 to 2009. We also studied the relationship between subject numbers and pollen count.<br>The above relationship correlated highly with linear regression equation <I>y</I>=0.0897<I>x</I>+627.47 with <I>R</I><SUP>2</SUP>=0.7851 (<I>p</I>< 0.001). The relationship from 1994 to 2009, when the study began in early January, correlated highly with logarithmic regression equation <I>y</I>=257.43Ln(<I>x</I>)-1014.8 with <I>R</I><SUP>2</SUP>=0.9542 (<I>p</I><0.001). Based on these results, we concluded that estimated pollen count helps predict the year's Japanese cedar pollinosis subject numbers very highly accurately.<br>Numbers of subjects returning did not correlate well with pollen count, and continued to decrease each year. Return visits averaging 2.6 in 1990 gradually decreased to 0.73 in 2006 -a reduction we attributed to long-term medication and the increased self-payment proportion in medical expenditures.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 115(3), 165-172, 2012-03-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030286100
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023614979
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ