妊娠中期胎児スクリーニング時の超音波胎盤計測より, 胎児発育不全症例を検出する方法 Can ultrasonographic measurement of the major axis of the placenta at 20-21 weeks of gestation predict fetal growth restriction?

この論文をさがす

著者

    • 早田 桂 HAYATA Kei
    • 鳥取市立病院産婦人科 Departments of Obstetrics and Gynecology, Tottori Municipal Hospital
    • 関野 和 SEKINO Madoka
    • 広島市立広島市民病院産科婦人科 Departments of Obstetrics and Gynecology, Hiroshima City Hospital
    • 岡田 朋美 OKADA Tomomi
    • 広島市立広島市民病院産科婦人科 Departments of Obstetrics and Gynecology, Hiroshima City Hospital
    • 石田 理 ISHIDA Makoto
    • 広島市立広島市民病院産科婦人科 Departments of Obstetrics and Gynecology, Hiroshima City Hospital
    • 野間 純 NOMA Jun
    • 広島市立広島市民病院産科婦人科 Departments of Obstetrics and Gynecology, Hiroshima City Hospital
    • 平松 祐司 HIRAMATSU Yuji
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産科・婦人科学教室 Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Science

収録刊行物

  • 日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine

    日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine 47(4), 911-917, 2011-12-20

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030287849
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11920006
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1348964X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ