妊娠後期まで管理し生児を得た後に化学療法を施行した胎児共存奇胎の一例 A case of complete mole coexistent with a live fetus managed until late gestation, and performed chemotherapy after having obtained a live infant

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine

    日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine 47(4), 942-946, 2011-12-20

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030287975
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11920006
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1348964X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ