日本語版 Premature Infant Pain Profile の実践的活用の検証 : 所属施設やNICU従事年数の異なる看護師による評価  [in Japanese] Investigation of an Equivalence of Pain Assessment by a Japanese Version of the Premature Infant Pain Profile among Neonatal Nurses  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

日本語版 Premature Infant Pain Profile (PIPP)の臨床での活用可能性を検討することを目的として,異なる施設に所属する Neonatal Intensive Care Unit (NICU)看護師8名を対象とし,28の同一採血場面を日本語版PIPPで採点した場合の評価者間信頼性を検討した。また,NICU勤務経験5年以上の群と5年未満の群で疼痛評価に違いがあるのかも検討した。評価者間信頼性は先行研究よりも低かったが,NICU勤務経験5年以上の群と5年未満の群でPIPP総得点の有意な違いはなかった。これらのことから,日本語版PIPPは臨床における新生児の疼痛評価に有用であると考えられた。

Journal

  • 小児保健研究

    小児保健研究 71(1), 10-16, 2012-01-31

    日本小児保健協会

References:  22

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10030291951
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116330
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    00374113
  • NDL Article ID
    023411396
  • NDL Call No.
    Z19-367
  • Data Source
    CJP  NDL  IR 
Page Top