酵母を用いた合成生物学 : 新しい人工生命システム構築への挑戦 Synthetic Biology Using Yeast : Challenge for Creation of Novel Artificial Life Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 部品を組み立てて製品をつくるという行為は部品の機能が完全に理解されていることが前提となる。生化学や分子生物学の進歩によって,生物の細胞内でおきている生体反応についても詳しく理解することが可能となった。そこからさらに進んで,個別の生体反応をあたかも部品のように捉え,それらを設計方針に基づいて組み合わせ,最終的に新規な機能の生物を作り出すのが合成生物学である。この新しいテクノロジーの概要と課題,将来の動向について専門家に解説していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 106(11), 728-736, 2011-11-15

    日本醸造協会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030301065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    023336764
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ