DNAマイクロアレイによる酵母 Saccharomyces cerevisiae の遺伝子発現解析 Transcriptional Analysis of Saccharomyces cerevisiae Using DNA Microarray

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 八十川 大輔 YASOKAWA Daisuke
    • (地独) 北海道立総合研究機構 Food Procesing Research Center, Industrial Technology Research Department, Local Independent Administrative Agency Hokkaido Research Organization

抄録

 DNAマイクロアレイは,従前には不可能であった遺伝子の網羅的発現解析などを可能なものにした強力な研究ツールであり,酵母研究での利用も活発である。これを網羅的発現解析に用いた時の大きな利点は,各種条件下での細胞内の様々な反応経路の変化を俯瞰しながら対象遺伝子をスクリーニングできることであろう。筆者らがこうした利点を活かしつつ精力的に研究を展開されているメタノール,ホルムアルデヒド,ジンクピリチオンといった毒性物質存在下での酵母細胞の応答について解説をしていただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 106(11), 737-746, 2011-11-15

    日本醸造協会

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030301094
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    023336771
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ