SAKEから観光立国を夢見て Sake Tourism Save Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

京都の酒蔵で搾りたての大吟醸を飲んで,「この?き猪口には,日本が詰まっている。日本酒は日本そのものだ。」と心を打たれ,日本酒に傾倒。<br>現在,酒サムライ・コーディネーター,IWC アンバサダーとして活躍。<br>長年ワインを学び親しんできた筆者は,ワインと同じように,日本酒を通して国や人種を超えて世界に共感の輪を広げていく事が出来ると信じ,「日本酒を通じて,世界に日本の文化や風土を伝えたい。」「SAKEから観光立国へ」との大きな夢に向かって日々邁進中。<br>日本酒をこよなく愛する大応援団からの熱いメッセージである。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 107(1), 2-10, 2012-01-15

    公益財団法人 日本醸造協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030301415
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    023454166
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ