味噌の給与によるウシの脂肪肝予防効果に関する研究 Effect of Miso in the Prevention of Fatty Liver in Cattle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

発酵食品による健康改善効果に関する研究が広く行われ,味噌や醤油の抗酸化性,抗変異原性等の機能が明らかにされてきている。家畜飼料の研究においても,資料成分が家畜の健康や乳・肉の品質の向上に大きく関与することがわかってきている。食用として適さなくなった過熟味噌にも,抗酸化成分や機能性成分が含まれていることから,これらの家畜飼料への活用が考えられている。ここでは,著者が実施した長期熟成味噌のウシの脂肪肝予防効果に関する研究をもとにして,過熟味噌等の一般の食用として適さなくなった発酵食品を家畜飼料資源として活用し,発酵産業からの副産物の低減,有効利用,付加価値化へつなげるための展望について解説していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 107(1), 19-24, 2012-01-15

    日本醸造協会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030301426
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    023454199
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ