醸造食品に生息する乳酸菌 Lactic Acid Bacteria Inhabited in Brewed Products

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

乳酸菌は古来より,醸造並びに発酵食品の製造に用いられてきた。乳酸発酵により食品の風味はもとよりpHが低くなることで,腐敗や食中毒の原因になる他の微生物の繁殖を抑えて保存を高めている。また,乳酸発酵により生理活性効果に優れた食品開発なども行われている。著者は「醸造食品に生息する乳酸菌」の研究に取り組んでおられるので,本稿では焼酎・日本酒・ワインの乳酸菌,また,フルクトフィック乳酸菌について解説して頂いた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 107(2), 92-99, 2012-02-15

    日本醸造協会

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030301554
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    023523321
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ