弱酸性次亜塩素酸水溶液の各種芽胞に対する殺菌効果およびその適用事例 Bactericidal Effects of Weak Acid Hypochlorous Solution against Various Spores and Application in Food Processing Plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小野 朋子 ONO Tomoko
    • 株式会社エイチ・エス・ピー研究開発部 Research and Technology Development Division, HSP company

抄録

弱酸性次亜塩素酸水溶液は本来アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムを塩酸でpHを5.5~6.5の弱酸域に調整し,殺菌作用の強い非解離型の次亜塩素酸の比率を増加させたもので,醸造食品の現場において問題となる芽胞菌の<i>Bacillus</i>属菌や<i>Clostridium</i>属菌に対しても殺菌効果が強い。そこで,著者に実際の食品加工現場における適用事例について解説頂いた。弱酸性次亜塩素酸水溶液は次亜塩素酸ナトリウムよりも低濃度・短時間で殺菌が可能であるために,食品や部材に対するダメージが少なく,塩素臭も低減されるので,これを醸造食品工場において適用し,各種麹の一般細菌を含め特に芽胞菌を低減頂けるならば幸いである。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 107(2), 100-109, 2012-02-15

    日本醸造協会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030301592
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    023523332
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ