胆管末端部の adenomyomatosis の診断と治療 Diagnosis and treatment for adenomyomatosis of distal bile duct

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 萱原 正都 KAYAHARA Masato
    • 金沢大学消化器・乳腺・移植再生外科 Department of Gastroenterological Surgery, Division of Cancer Medicine, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University
    • 中川原 寿俊 NAKAGAWARA Hisatoshi
    • 金沢大学消化器・乳腺・移植再生外科 Department of Gastroenterological Surgery, Division of Cancer Medicine, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University
    • 北川 裕久 KITAGAWA Hirohisa
    • 金沢大学消化器・乳腺・移植再生外科 Department of Gastroenterological Surgery, Division of Cancer Medicine, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University
    • 太田 哲生 OHTA Tetsuo
    • 金沢大学消化器・乳腺・移植再生外科 Department of Gastroenterological Surgery, Division of Cancer Medicine, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University

抄録

Adenomyomatosisは胆嚢によくみられる良性疾患であるが,胆管にも同様の病変を稀にみることがある.胆管末端部から乳頭部にかけてのadenomyomatosisは1980年から現在までに自験例を含め60例の報告がある.本疾患の性差はなく,平均年齢は64歳であった.右季肋部痛・上腹部痛が多く,黄疸は49%の症例にみられた.画像診断では胆管末端の腫瘤性病変として認識されるが,確定診断に難渋し悪性腫瘍の除外診断とされることが多い.組織学的確診には共通管から下部胆管の比較的大きな組織が必要である.64%の症例で膵頭十二指腸切除がなされているが,経十二指腸的乳頭切除形成術,内視鏡的乳頭切除術,PTCSによる治療も報告されている.今後は過大侵襲治療を回避する努力が必要であり,経過観察も治療法の選択肢と思われる.以上,胆管末端部から乳頭部にかけてのadenomyomatosisの診断と治療について概説した.

収録刊行物

  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association

    胆道 = Journal of Japan Biliary Association 24(2), 192-198, 2010-05-31

    日本胆道学会 = Japan Biliary Association

参考文献:  40件中 1-40件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030361273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062001
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09140077
  • データ提供元
    CJP書誌  IR 
ページトップへ