パターン識別解析による地すべりダムの決壊予測 Prediction of landslide dam breach events by pattern classification analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近, 大地震や豪雨を起因として河川を閉塞する大規模地すべりダムの発生が数多く見られている。地すべりダムの決壊による洪水は土石流となって下流に流下し, 人命や社会活動に激甚な被害を与える。このため地すべりダム決壊の予測手法の確立は非常に重要である。このため, 地すべりダムの既往災害データを用いてファジィif-thenルールのパターン識別解析によりその決壊の予測手法を検討した。パターン識別解析においては地すべり長さ/高さの比 (SFI) 及び貯水池容量/流域面積の比 (CAI) の新たな属性要因の指標を導入することによって地すべりダムの決壊の予測精度が10%以上も向上することを明らかにした。また, 当解析より得られたファジィif-thenルールより地すべりダムの属性要因のその決壊に及ぼす影響度を明らかにした。

Recently, large-sized landslides causing a river blockage due to high magnitude earthquake or torrential rainfall occur and form a number of landslide dams. The water blocked by the dam may provoke floods which spread out the down stream area, causing damages to human activities and communication lines. The establishment of prediction method of breaching landslide dam is very important to prevent these disasters. Therefore, we examined the prediction method of breaching landslide dam utilizing by pattern classification analysis based on the fuzzy if-then rules using of data of the past landslide dams. In this analysis, new two indexes, where are designated as the ratio of landslide dam length/height (SFI) and the ratio of reservoir volume/catchment area (CAI) , are introduced for the prediction of breaching landslide dam. The result that improved of the precision of more than 10% of prediction accuracy is obtained. In addition, the influence degrees to the breaching landslide dam by the attribute factor are clarified from the fuzzy if-then rules obtained from the analysis.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 48(6), 22-29, 2011-11-25

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030362508
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    024156777
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ