谷埋め盛土における地震動と間隙水圧の観測 Seismic response of valley fills to strong earthquakes on residential region in Tokyo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京都南西部において実施した, 谷埋め盛土と地山での地表地震動と谷埋め盛土中の間隙水圧の観測結果を報告する。谷埋め盛土の地すべりは, 主に地震動によって発生する代表的な人工地盤の地すべりである。こうした地すべりは, これまでも都市域を襲った多くの地震によって発生しているが, 谷埋め盛土に関する実際の強震動観測データはほとんど存在していなかった。ここでは, 2005年~2011年に発生した主な地震に対する谷埋め盛土の震動特性, 間隙水圧変動イベントを記載すると同時に, 繰り返し三軸圧縮試験データを用いた地震応答解析によって, 谷埋め盛土上の増幅特性について検討を加えた。その結果, 地震動卓越周期には被覆層全体の厚さの影響が強く見られるが, 増幅特性は極表層の地盤構造 (谷埋め) に支配されていることが判明した。さらに, 2011年東北地方太平洋沖地震で観測に成功した地震動の回転成分は, 観測点近傍の地盤で降伏が始まっていたことを示している。地震時の間隙水圧変化は, 大部分が弾性的な挙動をしめしたが, 2005年千葉県北西部地震の様な強震時には, 非線形的な応答が見られた。これら一連の観測結果は谷埋め盛土の強震動応答を議論する上で基礎的な情報を与えると考えられる。

Both earthquake ground motion and pore water pressure observations in valley fill were conducted in the southwestern Tokyo region from 2005 to 2011. The Nakane observatory is situated on the Musashino terrace. The Todoroki observatory about 2km distance from the Nakane is settled on the valley fill of 4meters depth and on the alluvial sediments of 6meters continued from the Pleistocene terrace. The difference in the earthquake ground motion between records on the both observatories varied with earthquakes. Earthquake response analysis by FLUSH using cyclic undrained triaxial test results on the undisturbed soil samples revealed that the amplification of the maximum ground acceleration (PGA) on the valley fill were controlled by the surficial ground structure and the characteristics of earthquakes. The non-linear response of excess pore water pressure in valley fill was observed during the strong earthquake such as the 2005 Chibaken-hokuseibu earthquake. These basic information will be valuable for discussing on prediction of valley fills type landslides induced by strong seismic motion in urban region.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 48(6), 30-39, 2011-11-25

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030362532
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    024156779
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ