ロジスティック回帰分析を用いた既存地すべり地形の地震時の危険度評価 An approach of susceptibility analysis for deep-seated landslide induced by earthquake within pre-existing landslide topography using logistic regression

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地震による地すべりの発生危険度を評価するため, 既存地すべり地形を対象にロジスティック回帰分析を行った。この分析では, 中越地震で地すべりが多発した範囲の既存地すべり地形と地震による地すべりデータを用いて, ロジスティック回帰モデルを構築し, 標高偏差と地すべり地形の縁辺侵食率が, 地震による地すべりの発生に最も影響していることを明らかにした。また, 構築したモデルを用いて, 中越地震による地すべりの一部と岩手・宮城内陸地震による地すべりの各発生を予測した結果, その精度はROC解析によればAUC (予測能) が0.8以上で, モデルの有効性が確認された。

This paper conducted logistic regression analysis for landslides induced by earthquake within pre-existing landslide topographies. The logistic regression model constructed by using the landslides data set from the Chuetsu earthquake. The results showed that surface roughness and marginal erosion ratio are the most influential factors for the landslide occurrence. The model was validated by the landslides data set of the Chuetsu earthquake and the Iwate-Miyagi inland earthquake. Based on ROC curves, the AUC is larger than 0. 8, showed good prediction accuracy and suggested the method is useful.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 49(1), 12-21, 2012-01-25

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030362610
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    024156669
  • NDL 請求記号
    Z74-C699
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ