荒砥沢地すべり冠頭部の重力性クリープとその機構 Mechanism of a gravitational creep of rock masses at the crown of Aratozawa landslide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩手・宮城内陸地震によって発生した荒砥沢地すべりの冠頭部において, 本震後に谷向き小崖が急激に発達した。同時に, キャップロック構造の下層を構成する軽石質凝灰岩には, 逆向き小崖とはらみだしが生じた。軽石質凝灰岩中の高角せん断面は, 地震動で軽石質凝灰岩にせん断ひずみが集中し, 塑性変形により形成されたものと考えられ, 繰り返し水平動にともなう層平行単純せん断によってできたリーデルせん断R2である可能性がある。このせん断面の形成により軽石質凝灰岩の強度は低下し, 荒砥沢地すべりの発生によって水平方向の応力も急減したため, 重力性クリープが生じた。

At the crown of Aratozawa landslide triggered by the Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake in 2008, a downhill-facing scarp developed rapidly after main shock. About the same time, uphill-facing scarps and lateral bulge of lower slopes were developed in a lower layer of cap rock composed of pumiceous tuff. As a shear strain concentrates in pumiceous tuff and generates plasticity displacement, high-angle shears occurred in pumiceous tuff. Those shears have a possibility of Riedel shears R2 made by layer parallel simple shear by cyclic horizontal vibrations. These shears decreased strength of pumiceous tuff and sliding of Aratozawa landslide decreased minimum principal stress of rock masses. Gravitational creep was caused by these factors.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 49(1), 36-42, 2012-01-25

    The Japan Landslide Society

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030362669
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    024156730
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ