東京都心湾岸部における住宅取得の新たな展開 : 江東区豊洲地区の超高層マンションを事例として New Dimensions of Housing Acquisition in the Tokyo Bay Area : Skyscraper Condominium Residents in Toyosu

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,1990年代後半以降における東京都心部での人口増加の受け皿と考えられる超高層マンションを対象にアンケート調査を行い,その居住者特性を明らかにするとともに,今日における住宅取得の新たな展開を考察した.その結果,居住者像として,これまで都心居住者層とされてきた小規模世帯だけでなく,子育て期のファミリー世帯や,郊外の持ち家を売却して転居した中高年層といった多様な世帯がみられた.それぞれの居住地選択には,ライフステージごとに特有の要因が存在するものの,その背景には共通した行動原理として社会的リスクの最小化が意識されていることが推察された.社会構造が大きく変化し雇用や収入の不安定性が増大している中で,持ち家の取得は,機会の平等が前提された「住宅双六」の形態から,個々の世帯や個人の資源と合理的選択に応じた「梯子」を登る形態へと変化したと考えられる.

Centripetal population movements in the Tokyo metropolitan area and changes in the supply of condominiums since the latter half of the 1990s have been reported. Hence, this study aimed to clarify the demographics of the residents of those condominiums and to examine changes in housing acquisitions in recent years. An analysis of questionnaires administered to residents revealed various family types, including not only small family units such as singles and “double-income, no kids” partners, but also families with small children, who were believed typically to move to the suburbs, and older families who had moved away from the suburbs. Each family type had reasons unique to the life stage in which they moved; however, commonalities in behavior to minimize social risk can be inferred. The opportunities to obtain suitable housing become similar to ascending the career ladder in this era when employment and income stability have decreased.

収録刊行物

  • 地理学評論 = Geographical review of Japan

    地理学評論 = Geographical review of Japan 84(6), 592-609, 2011-11-01

    公益社団法人 日本地理学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030364411
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11591990
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18834388
  • NDL 記事登録ID
    023428930
  • NDL 請求記号
    Z8-571
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ