過去200万年間における宮崎平野の地層形成と陸化プロセス : 海面変化とテクトニクスに関連して Geologic and Geomorphologic Evolution of Miyazaki Plain in Southern Japan during the Past 2 Ma, Based on the Sea-level Change and Tectonics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

 南九州の宮崎平野は多数の河成・海成段丘が発達し,九州の第四系の代表的模式地のひとつとされてきた.しかしながら,中期更新世やそれ以前の堆積物の層序や対比,年代については不明な点が多かった.しかし,今回,テフロクロノロジー的手法によりそれらの層序が確立され,過去100万年間の宮崎平野の形成過程とテクトニクスが推定された(長岡ほか, 2010).

 The Miyazaki Plain with many marine and fluvial terraces is a typical area of Quaternary sediments in Kyushu, although its stratigraphy and ages of middle Pleistocene sediments have not been clarified well. The authors tephrochronologically establish the stratigraphy and discuss the development and tectonics of the Miyazaki Plain during the past 1 Ma (Nagaoka <i>et al.</i>, 2010).

収録刊行物

  • 地學雜誌

    地學雜誌 119(4), v-vi, 2010-08-25

    公益社団法人 東京地学協会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030369859
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00322536
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0022135X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ