東京地学協会第13回海外巡検「中国太行山脈の地形地質とジオパークめぐり」 Topographical-Geological Field Trip to Geopark in Taihang Mountains, China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

 山西省東縁に位置する太行山脈は南北に400kmにわたり,標高は1,500~2,000m山脈をつくる.ここでは,先カンブリア紀から古生代にかけての連続した地層が侵食により切り立った風光明媚な地形をしており,地質公園として広く保護されている.本口絵は東京地学協会主催の海外巡検時に訪れた公園内の地形・地質を紹介する(清川,2010).

 Taihang Mountains are located eastern margin of the Shanxi Province, central China. It is more than 400 km long and is formed 1,500-2,000 m high mountain ranges. These mountain ranges are formed spectacle view of Precambrian to Paleozoic sedimentary sequence and they are taken into protective by National Geoparks in China (Kiyokawa, 2010).

収録刊行物

  • 地學雜誌

    地學雜誌 119(4), vii-viii, 2010-08-25

    公益社団法人 東京地学協会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030369861
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00322536
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0022135X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ