ソーシャルキャピタルに着目したモビリティ・マネジメントのコミュニティバス利用促進に関する研究 : 大阪府箕面市「オレンジゆずるバス」を事例として  [in Japanese] Research on social capital and use of the community bus managed by the local residents : Osaka Prefecture Mino-o City "Orenjiyuzuru Bus" as a case  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、市民協働型コミュニティバスを取り上げて、地域住民に対するモビリティ・マネジメントが住民のまちづくりへの協力行動とコミュニティバス利用へ及ぼす影響を検証するとともに、特にソーシャルキャピタルのスピルオーバー効果に着目して効果を検証することを目的とする。ケーススタディ地域として、2010年9月より市民協働型コミュニティバス「オレンジゆずるバス」が導入された大阪府箕面市を取り上げることとした。本研究で明らかになったのは以下の通り。1.住民ワークショップを開催し、情報提供や質疑等を実施する地域密着型モビリティ・マネジメントはコミュニティバスの利用促進に効果があることが検証された。3.地域密着型森ビリティ・マネジメント実施した地域では、まちづくりに協力的な行動をとる傾向にある人はオレンジゆずるバスを利用意図が高い傾向にあり、個人では必ずしもまちづくりに協力的な行動を取る傾向になくても地域がまちづくり活動が盛んな地域であれば、個人としてもオレンジゆずるバスの利用意図が高い傾向が示された。

In this study, we examined community bus use in.local communities through interpretations mainly from social capital. Using data obtained from a questionnaire survey in an urban area, we investigated the effects of cooperative behaviors promoted by individual-level or macro-level social capital in neighborhoods on the number of respondents community bus use. The results show that the social capital at the indivisual level promotes the number of respondents cooperative behaviors. Moreover, mobility mangement which consist of a workshop with residents promotes respondents cooperative behaviors.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 46(3), 781-786, 2011-10-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10030402578
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1348284X
  • NDL Article ID
    11287481
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top