アマミノクロウサギ (Pentalagus furnessi) における慢性化膿性中耳炎・内耳炎による前庭障害の一例 A Case of Vestibular Disorder Due to Chronic Suppurative Otitis Media/Interna in an AmamiRabbit (Pentalagus furnessi)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 久保 正仁 KUBO Masahito
    • 岐阜大学応用生物科学部獣医学課程獣医病理学教室 Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Faculty of Applied Biological Sciences, Gifu University
    • 柳井 徳磨 YANAI Tokuma
    • 岐阜大学応用生物科学部獣医学課程獣医病理学教室 Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Faculty of Applied Biological Sciences, Gifu University
    • 鑪 雅哉 TATARA Masaya
    • 環境省奄美野生生物保護センター Amami Wildlife Conservation Center, Ministry of the Environment
    • 服部 正策 HATTORI Shosaku
    • 東京大学医科学研究所奄美病害動物研究施設 Amami Laboratory of Injurious Animals, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo
    • 倉石 武 KURAISHI Takeshi
    • 東京大学医科学研究所奄美病害動物研究施設 Amami Laboratory of Injurious Animals, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo
    • 伊藤 圭子 ITO Keiko
    • 岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター Research Center for Wildlife Management, Faculty of Applied Biological Sciences, Gifu University

抄録

2010年3月に前庭障害を呈したアマミノクロウサギ(<I>Pentalagus furnessi</I>)の雌成獣が保護され,保護されてから6日後に死亡した。病理検査の結果,右耳において慢性化膿性中耳炎・内耳炎が認められ,これによって前庭障害が生じたものと考えられた。

An adult female Amami rabbit (<I>Pentalagus furnessi</I>) with vestibular disorder was rescued in March 2010 and died six days after rescue. Pathological examination revealed chronic suppurative otitis media/interna in the right ear, and it was considered to be a cause of vestibular disorder.

収録刊行物

  • Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌

    Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌 17(2), 87-90, 2012-06-01

    日本野生動物医学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030432353
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13426133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ