Na^+/Ca^<2+>交換輸送体をめぐるトランスポートソーム Functional interaction between Na^+/Ca^<2+> exchanger and sodium-transporting proteins in plasma membrane microdomains

この論文にアクセスする

著者

抄録

筋収縮,神経伝達,ホルモン分泌などの様々な生体機能は,Ca<sup>2+</sup>チャネルやCa<sup>2+</sup>トランスポーターの機能連関から形成される時空間的な細胞内Ca<sup>2+</sup>シグナルにより巧みに制御されている.心筋細胞や平滑筋細胞のCa<sup>2+</sup>シグナルは,収縮タンパク質に供給するCa<sup>2+</sup>量および伝達速度を規定することから,Ca<sup>2+</sup>シグナルが異常になると筋収縮機能が破綻し,心不全や高血圧などの心血管病に陥ることになる.1型Na<sup>+</sup>/Ca<sup>2+</sup>交換輸送体(NCX1)は,生体膜Ca<sup>2+</sup>輸送を担うトランスポーターであり,Ca<sup>2+</sup>を両方向性に輸送する.通常,細胞膜を介したNa<sup>+</sup>濃度勾配に依存して細胞内Ca<sup>2+</sup>を細胞外へ排出するが,細胞内Na<sup>+</sup>が増加する特殊な状況下では逆輸送(Ca<sup>2+</sup>取り込み)を行う.古くから,この輸送体の異常が種々心血管病に関連することが推察されているが,その実体はこの輸送体の機能的複雑性(両方向性輸送や基質イオンによる活性制御機構)により未だ明確になっていない.これまでに,私達は,NCX1を介するCa<sup>2+</sup>流入が食塩感受性高血圧の発症に重要な役割を果たすことを明らかにした.さらに最近,<I>α</I><sub>1</sub>受容体刺激による血管収縮にもNCX1を介するCa<sup>2+</sup>流入が引き起こされることを見出した.これらの知見は,NCX1が循環器系疾患の新たな治療ターゲットとなる可能性を示すとともに,NCX1がNa<sup>+</sup>ポンプやNa<sup>+</sup>透過性チャネルなどと共に細胞膜ミクロドメインに集積し,それらが機能共役することによってCa<sup>2+</sup>流入を引き起こしているという新しい仮説を支持している.このように,血管平滑筋細胞において,血管トーヌスの調節や病態発症に関わるNCX1膜輸送複合体(トランスポートソーム)の実在が強く示唆された.

収録刊行物

  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica

    日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(2), 61-65, 2012-02-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    SHUBERT R

    Am J Physiol Heart Circ Physiol. 283, H2288-H2295, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    BLAUSTEIN MP

    Hypertension 53, 291-298, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    ZHANG J

    J Physiol. 569, 243-356, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    DOSTANIC-LARSON I

    Am J Physiol. 290, R524-R528, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    IWAMOTO T

    Nat Med. 10, 1193-1199, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    WELSH DG

    Circ Res. 90, 248-250, 2002

    DOI  被引用文献9件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030456141
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    023511226
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ