86歳時に胃瘻造設術を行い在宅で良好な経過をたどり家族の満足度が高い認知症の1例 86-aged case of Alzheimer disease followed by nursing home after percutaneous endoscopic gastrostomy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

86歳,女性.アルツハイマー型認知症の進行とともに食思不振,脱水症,誤嚥性肺炎,易感染性など"老年症候群"となり2010年4月経皮内視鏡的胃瘻造設術(percutaneous endoscopic gastrostomy:PEG)を行った.その後ADL(activities of daily living)の改善をみて,在宅で絶食から経口摂取を再開し,徐々に経腸栄養剤の量を減らし順調な経過をたどり,PEGに対する家族の満足度が極めて高かった症例を報告する.<br>

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 49(1), 119-122, 2012-01-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030470306
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    023532559
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ