コウモリの翼の個体発生 Development of the bat wing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コウモリ類は1,000以上の種からなり,地球上の様々な環境に進出し,繁栄を遂げた哺乳類群である.その成功の背景には言うまでもなく,彼らがもつ飛翔能力が深く関わっていると思われる.コウモリ類は前肢の形態を顕著に特殊化させることで飛翔装置としての翼を獲得した.翼は骨や筋,飛膜など様々な構成要素からなる複合体であり,中生代の末期から新生代の初期にかけてコウモリ類の共通祖先でただ一度獲得されたと考えられている.しかしながら,新規形態としてのコウモリ類の翼がどのようなメカニズムによって創り出されたのかについては長い間不明であった.近年,ヘラコウモリ科の一種であるセバタンビヘラコウモリ(<i>Carollia perspicillata</i>)を材料にした分子発生学的研究をとおして,<i>Hoxd13</i>や<i>Prx1</i>,<i>Fgf8</i>など脊椎動物の四肢形成に関わるとされる複数の遺伝子が単離され,胚期におけるそれらの発現パターンや機能が調べられつつある.その結果からコウモリ類における翼の形成にはこれらの分子の働きが深く関与している可能性が示唆された.本稿では分子発生学研究によって得られたコウモリ類の翼の発生機構に関する最新の知見を整理し,それによって飛翔能力の獲得により大きな成功をおさめた一哺乳類群の進化をこれまでとは異なる視点から考察する機会を与えたい.また,我が国に生息するコウモリを材料にした発生学研究の可能性についても検討する.<br>

Order Chiroptera is the second most species-rich mammalian group, composed of over 1,000 species and adapted to various types of environments. Their success as a mammalian lineage may be closely linked to their ability of powered flight. Bats have acquired wings via modifications to the forelimb morphology. The bat wing is a complex composed of a variety of tissues including skeletons, muscles, patagia (flight membranes) and is considered to have evolved just once in the common ancestor of the chiropteran lineage. However, the mechanisms generating the wing are poorly understood. Recently, many genes (e.g. <i>Hoxd13</i>, <i>Prx1</i>, <i>Fgf8</i>) that seem to contribute to vertebrate limb morphogenesis were cloned from the short-tailed fruit bat (<i>Carollia perspicillata</i>, family Phyllostomidae) and their expression pattern and functions in <i>Carollia</i> embryogenesis were investigated. These studies implied that the fundamental role of these molecules is in generating bat wings. In this paper, we review recent advances in understanding the developmental mechanisms underlying bat wing evolution. Also, we discuss the potential for conducting developmental biology using chiropteran species living in Japan.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 49(1), 1-12, 2009-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  50件中 1-50件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030471328
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10367837
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ