枝打ちはニホンジカを呼び, 剥皮害を招くか? Does pruning operation attract sika deer, Cervus nippon, and cause debarking damage to coniferous plantations?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

三重県津市のスギ・ヒノキ混交林において枝打ちを実施し,その後のシカによる林分利用頻度と枝葉採食量の変化,および林木剥皮害の発生消長について調査した.打ち落とされた生枝が新たな餌資源となって,シカを誘引する事例が確認された.しかし,冬季における林分利用頻度の高まりは剥皮害の発生には繋がらなかった.<br>

The influence of green pruning on utilization of forest stands by sika deer, <i>Cervus nippon</i>, and the occurrence of deer barking damage to living trees were investigated in a mixed plantation with sugi and hinoki cypress in Mie Prefecture, central Japan. In this field experiment, pruned green branches attracted sika deer, but frequent use of the plantation in winter did not cause debarking damage. <br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 49(1), 61-64, 2009-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030471567
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10368356
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ