広島県呉市上蒲刈島におけるイノシシの食性 Food habitat of wild boars in Kami-Kamagari Island in Hiroshima

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

広島県島嶼部に位置する呉市蒲刈町上蒲刈島を調査地とし,2003年7月から2006年11月の間に捕獲された268個体のイノシシ<i>Sus scrofa</i>の胃内容物を用いた食性調査を行った.胃内容物の肉眼観察では,植物質として,柑橘類,カキノキ,サツマイモ,イネ,トウモロコシなどの農作物,堅果,木本,草本,種子などの自生植物がみとめられた.動物質では,多足類,昆虫類,軟体動物類,腹足類,甲殻類,爬虫類,鳥類,哺乳類が出現した.胃内容物に堅果が多く出現した年には柑橘類が少なく,堅果が少なかった年には柑橘類が多くなる傾向がみられた.7月から12月までに捕獲された個体の胃内容物の平均水分含量は73.3%であったが,捕獲月による変動が認められ,7・8月に捕獲された個体では,他の月に比べて水分含量が高かった.また,胃内容物乾物中の平均粗タンパク質含量は約18%であり,これは家畜ブタが通常摂食している飼料よりも高い可能性が示唆された.7月と8月に捕獲されたイノシシの胃では,他の時期に比べてNDFの割合が高く,NFCの割合が低かった.イノシシの胃内容物中に尿素やアンモニアが検出されたことは,イノシシの胃内にウレアーゼ活性のある乳酸桿菌が生息している可能性を示唆するものであった.<br>

We examined 268 wild boar (<i>Sus scrofa</i>) stomachs collected from July 2003 to November 2006 in Kami-Kamagari Island, Hiroshima Prefecture. Vegetable matter contained agricultural crops such as citrus fruits, sweet potatoes, rice, and maize as well as wild plants such as acorns and green plant matter. Animal matter found included myriapods, insects, mollusks, gastropods, reptiles, birds and mammals. When large amount of citrus fruit were found in stomach contents, a low amount of acorns was observed and vice versa. From July to December, the average water percentage in the stomach was 73.3%. Water percentage in July and August was higher than other months. The average crude protein percentage in stomach was about 18%, which is higher than commercial pig feed. Urea and ammonia were detected in the gastric contents of a wild boar. This suggests the possibility that the <i>Lactobacillus</i> with urease activity exists in the stomach.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 49(2), 207-215, 2009-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  40件中 1-40件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030471978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10546056
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ