親子判定で明らかになったツキノワグマ幼獣の単独行動 Parentage analysis revealed the solitary life of an orphaned black bear cub (Ursus thibetanus)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,遺伝マーカーをツキノワグマ(<i>Ursus thibetanus</i>)の個体レベルの生態学的研究に応用した一例を報告する.2007年2月に,衰弱した仔グマが山形県鶴岡市の旧朝日村地区で保護された.マイクロサテライトDNAとミトコンドリアDNAについて,同地域で有害捕獲されたメス成獣と保護個体の遺伝子型を照合した結果,母親と推定される個体が2006年10月に捕殺されていることが明らかになった.この保護個体は0歳の秋に母親と別れ,厳冬期に至る110日間を単独で行動していた可能性がある.<br>

In the midwinter of 2007, a yearling Asian black bear cub (<i>Ursus thibetanus</i>) invaded a house and was captured in Yamagata prefecture. With 10 microsatellite loci and the mitochondrial D-loop region as genetic markers, the mother of the cub was sought among bears harvested by nuisance control in the study area. Genetic data suggest that the mother of the cub had been killed in October 2006. This result indicates that the cub lived alone for at least 110 days in the cold winter without its mother. <br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 49(2), 217-223, 2009-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  40件中 1-40件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472019
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10546077
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ