コテングコウモリ Murina ussuriensis におけるアカメガシワトラップのねぐら利用と繁殖生態 Studies on the ecology and roosting behavior of Ussuri tube-nosed bat, Murina ussuriensis, based on the use of dead-leaf Mallotus japonicus traps

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 船越 公威 FUNAKOSHI Kimitake
    • 鹿児島国際大学国際文化学部生物学研究室 Biological Laboratory, Faculty of Intercultural Studies, The International University of Kagoshima
    • 長岡 研太 NAGAOKA Kenta
    • 鹿児島国際大学国際文化学部生物学研究室 Biological Laboratory, Faculty of Intercultural Studies, The International University of Kagoshima
    • 竹山 光平 [他] TAKEYAMA Kohei
    • 鹿児島国際大学国際文化学部生物学研究室 Biological Laboratory, Faculty of Intercultural Studies, The International University of Kagoshima
    • 犬童 まどか INDOU Madoka
    • 鹿児島大学理学部地球環境科学科多様性生物学講座 Department of Earth and Environment Science, Faculty of Science, Kagoshima University

抄録

コテングコウモリ<i>Murina ussuriensis</i>の枯葉(アカメガシワ<i>Mallotus japonicus</i>)トラップのねぐら利用とそのトラップ法の有効性について検証した.また,その利用結果から本種の繁殖生態について調査した.さらに,トラップ利用個体を用いて発信機装着による個体追跡を試みた.主要な調査地は鹿児島県霧島市の霧島神宮周辺と宮崎県都城市の御池周辺の照葉樹林である.地域や季節を通じた捕獲率は6~19%であったが,地域や季節によって大きく変化し,10月の霧島林と御池林では36%の高率であった.非繁殖期では雄の捕獲が大半を占めていたが,7月中旬には雌が頻繁に捕獲された.捕獲した個体から,南九州では出産が6月初旬で,広島県産よりも約1ヶ月早まることが示唆された.複数の成獣雌と幼獣からなる哺育集団が形成され,離乳期は7月中旬で幼獣はその頃から独立していた.また,交尾は10月がピークであると予想された.雄や非繁殖期の雌は単独でねぐらを利用するがねぐら間の距離が短いことから,ねぐら場所に対して単独的である一方,行動域は重複していた.トラップ法とテレメトリ法による個体追跡から,ねぐらは頻繁に替えられ,個体によっては比較的狭い範囲を移動していた.また,秋季には枯死倒木内をねぐらに利用していた.コテングコウモリの繁殖生態や社会構造を知る上でアカメガシワトラップ法の有効性が実証された.<br>

Reproductive ecology and roosting behavior of <i>Murina ussuriensis</i> were examined using dead-leaf <i>Mallotus japonicus</i> traps and radio transmitters in the warm-temperate forests in the Kyushu, Japan. Rates of capture varied between 6 to 19%, with a maximum rate of 36% on 9 October. Traps were mainly used by solitary males in non-reproductive seasons, whereas they were frequently used by females in the breeding season in July. Males frequently changed their roosts on the basis of radio-tracking and trapping methods. Parturition occurred in early June in the south of Kyushu, and about one month earlier than in Hiroshima Prefecture. Maternity colonies consisting of a few lactating females and young formed in summer. In mid-July, some of the young were weaned from their mothers and solitarily roosted. Not only males but also females roosted individually from August to October. However, their home ranges overlapped. Copulation may occur in October. One radio-tagged male roosted in a dead fallen tree in autumn. The dead-leaf <i>M. japonicus</i> traps were a very useful tool for investigating reproductive ecology and social structure of <i>M. ussuriensis</i>.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 49(2), 245-256, 2009-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  38件中 1-38件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472137
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10546187
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ