個体追跡調査における携帯GPS端末を使った位置情報システムの利用 Application of the commercial location information system on animal tracking

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐伯 緑 SAEKI Midori
    • 中央農業総合研究センター Wildlife Management Lab., National Agricultural Research Center, National Agricultural Research Organization
    • 斎藤 昌幸 SAITO Masayuki
    • 中央農業総合研究センター Wildlife Management Lab., National Agricultural Research Center, National Agricultural Research Organization
    • 園田 陽一 SONODA Yoichi
    • 国土技術政策総合研究所 Landscape and Ecology Division, Environment Department, National Institute for Land and Infrastructure Management, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

抄録

動物の追跡調査に,携帯GPS端末(例えば68 gのFOMA専用端末)を使った位置情報システムが,既存のテレメトリ手法の代替として使えるか検証した.サービスエリア内では,位置情報が50 m以下の誤差で得られ,中・大型哺乳類の追跡が可能であることが確認された.ただし,本研究で使用した携帯端末では電池寿命が約8日と短かったことから,長寿命の一次電池の搭載が必要だと考えられる.位置情報システムを利用した追跡調査には,インターネットを活用したリアルタイム性およびコストパフォーマンスなどの利点があり,今後の発展が期待される.<br>インターネットを活用したリアルタイム性およびコストパフォーマンスなどの利点があり,今後の発展が期待される.

We tested the commercial location information system with GPS mobile phones (e.g., a 68 g-FOMA terminal) in animal tracking, in comparison to conventional VHF, PHS, and GPS telemetry. Mean errors were <50 m (probably less without our measuring errors). This system is readily applicable to track medium-to-large mammals in service areas if the battery pack, of which battery life was about 8 days, was replaced to a primary battery with a much longer life. The major advantages are real-time tracking via the internet, and cost performance.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 49(2), 277-282, 2009-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472230
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10546460
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ