中国広西壮族自治区のマカカ属の分布について Distribution pattern of macaques in Guangxi

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中国,広西壮族自治区のマカカ属(<i>Macaca</i>)の分布を明らかにするために,2005年12月に10日間,2008年11月から2009年1月に約2カ月間,中国の広西壮族自治区北部と西部に広がる保護区及び,その周辺地域において,マカカ属4種の聞き込みと観察を試みた.アカゲザル(<i>Macaca mulatta</i>)は同自治区北部と西部全域の標高100–300 mに,チベットモンキー(<i>M. thibetana</i>)は同自治区北部の標高400–500 m以上の地域に分布した.アッサムモンキー(<i>M. assamensis</i>)は同自治区の中-南部の,標高200–400 mの地域に分布した.ベニガオザル(<i>M. arctoides</i>)は同自治区西部の木論保護区のみに分布するとの情報を得た.これらの結果から,更新世初期に同自治区に分布していたチベットモンキーとアッサムモンキーより遅れて更新世中期に同自治区に到達したアカゲザルは,優位な生態的拮抗関係を通して,有利に分布域を拡大して,チベットモンキーとアッサムモンキーの孤立分布をもたらしたと推定される.<br>

We conducted distribution survey of four species belonging to genus <i>Macaca</i> in Guangxi about ten days in 2005 and two months in 2008. We collected monkey information and directly observed monkeys in and around eight nature reserves in northern and western part of Guangxi. While <i>Macaca mulatta</i> was distributed in all the areas surveyed on 100–300 m asl, <i>M. thibetana</i> patchily occupied the more than 400–500 m asl in the northern part of Guangxi, and <i>M. assamensis</i> patchily occupied 200–400 m asl areas in the centro-southern part. It seems that the distribution patterns of <i>M. thibetana</i> and <i>M. assamensis</i> result from inter-specific relations with <i>M. mulatta</i> during Pleistocene periods.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 50(1), 21-29, 2010-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  29件中 1-29件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472614
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10758952
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ