秋田・岩手両県におけるツキノワグマの春季有害捕獲数変動に影響する要因 Factors affecting the number of nuisance kills of black bears in spring in Akita and Iwate prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 根本 唯 NEMOTO Yui
    • 東京農工大学農学府自然環境保全学専攻野生動物保護学研究室 Laboratory of wildlife conservation, Graduate school of agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology

抄録

ツキノワグマ(<i>Ursus thibetanus</i>)の人里域への出没に伴い有害捕獲数が増加するのは主に夏から秋であるが,冬ごもり解除直後から初夏(4~6月)にかけて有害捕獲数が他年より多い年がある.本研究では,この時季の有害捕獲数の変動の予測を可能にするため,秋田,岩手県における有害捕獲数の変動に雪解けのタイミング(消雪日)と前年のブナの豊凶程度がどの程度影響しているかについて解析をおこなった.重回帰分析の結果,秋田県では4~6月の有害捕獲数と消雪日の間に有意な負の相関が確認されたが,他は認められなかった.秋田県では,雪解けが早い年には,春から夏にかけて有害捕獲数が多い可能性があり,住民にクマと遭遇する危険性についての注意を促すことが必要と考えられた.一方,岩手県ではこの要因では有害捕獲の多寡を説明することはできなかった.<br>

The number of nuisance black bears <i>Ursus thibetanus</i> caught from April to June fluctuates between years. This study analyzed the relationship between the number of bears caught in Akita and Iwate prefectures and several conceivable factors, including the timing of snow melt in spring and the beechnut production level in the preceding year. In Akita, the number of bears caught negatively correlated to the date of snow melt in spring, indicating that earlier thaw was likely to cause to more captured nuisance bears. In Iwate, either of these factors did not explain the fluctuations in the number of nuisance bears caught.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 50(1), 31-35, 2010-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472644
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10758965
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ