乗鞍岳畳平で人身事故を引き起こしたツキノワグマの食性履歴の推定 : 安定同位体分析による食性解析 Feeding habit analysis of an Asiatic black bear that attacked on humans in Mt. Norikura by stable isotopes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2009年9月19日,乗鞍岳の畳平(岐阜県高山市)で発生したツキノワグマ(<i>Ursus thibetanus</i>)による人身事故について,加害個体の炭素および窒素安定同位体比による食性解析を行った.体毛の炭素・窒素安定同位体比は,他の北アルプスの自然個体と同様の値を示した.さらに,体毛の成長過程に沿って切り分けて分析を行った結果についても,過去2年間の食性履歴において残飯に依存した形跡は見られなかった.当該個体は,観光客や食堂から出る残飯等に餌付いた可能性が疑われていたが,そのような経歴の無い,高山帯を生息圏の一部として利用する個体である可能性が高いことが明らかとなった.<br>

Carbon and nitrogen stable isotope ratios (δ<sup>13</sup>C and δ<sup>15</sup>N) were measured in hair samples from an Asiatic black bear (<i>Ursus thibetanus</i>) that mauled 10 humans at a bus station on the west slope of Mt. Norikura, in Gifu Prefecture, Central Japan on September 19th, 2009. Our objective was to examine the feeding history of the bear. The δ<sup>13</sup>C and δ<sup>15</sup>N values of the hair were similar to those of natural bears living in that area of the Northern Japan Alps, refuting all suspicion that this bear may have been a garbage habituated bear.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 50(1), 43-48, 2010-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472679
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10759021
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ