アブラコウモリの日中ねぐらにおける単独個体と集団の性・繁殖ステージ構成 Sex and reproductive class composition of solitary bats and roosting groups in Pipistrellus abramus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

アブラコウモリ<i>Pipistrellus abramus</i>の日中ねぐらにおける単独個体と集団の構成について明らかにするために,東京都府中市で日中ねぐらの調査を行った.日中ねぐらの単独利用個体のほとんどは,成獣オスだった.多くの集団は,成獣メスのみか,成獣メスと幼獣から構成されていた.母獣の含まれた集団のサイズは,3~22個体だった.集団のサイズにかかわらず,集団内で確認された成獣オスの個体数は2個体以下であった.アブラコウモリでは日中ねぐらにおいて単独オスの存在が示唆されていたが,実際にオスによる単独利用が一般的にみられることが確かめられた.成獣メスにおいて,同じねぐらで再捕獲された事例があった一方で,最大87 m離れたねぐらで再捕獲された事例があった.<br>

<i>Pipistrellus abramus</i> is a house-dwelling bat, which is mainly distributed in the urban areas of Japan. Sex and reproductive class composition of solitary bats and roosting groups in this species were surveyed in Tokyo. Most solitary bats were found to be adult males. From May to early August, most of the roosting groups contained only adult females. From late August to September, most of the groups comprised adult females and juveniles. The number of bats in roosting groups containing mother bats was found to be 3–22. The number of adult males in a roosting group was less than 2, regardless of the group size. In adult females, some bats were recaptured at the same roost. On the other hand, the longest distance from the roost captured to the roost recaptured was 87 m.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 50(1), 49-54, 2010-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472700
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10759030
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ