九州における2000年以降のクマ類の目撃事例 Records of recent bear witnesses in Kyushu Island, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

九州のツキノワグマ<i>Ursus thibetanus</i>個体群は絶滅した可能性が高いという意見がある一方で,地元での目撃情報は少なくない.2000年5月から2010年4月の10年間に得られた目撃情報の中から,7つの判断基準に基づき信頼性が高いと判断されるものを抽出したところ,祖母山系宮崎県側での6件のべ8頭の目撃情報がこれに該当した.クマ類である可能性は,極めて高い3例,十分高い1例,高い2例であった.これらの証言のみから目撃された動物をツキノワグマと断定することはできないが,野生のクマ類の生息が強く示唆された.<br>

Although it is widely accepted that the Kyushu population of the Asian black bear (<i>Ursus thibetanus</i>) is already extinct, there have been reports of wild bears in local communities in the last few decades. I collected witness reports of bears in the period of May 2000–April 2010 from the Sobo Mountains, Miyazaki Prefecture, and examined their reliability based on seven criteria. Six cases including a total of eight individuals of bears met the criteria. They fell into three categories of reliability level: certainly (3 cases), most likely (1 case), and probably (2 cases). Results strongly suggest that there are some wild bears in the area, though they could not be confirmed to the species level from the witness itself.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 50(2), 187-193, 2010-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030472978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    10928519
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ