北海道野幌森林公園におけるクロテン Martes zibellina の生息記録 New records of sables in Nopporo Natural Forest Park, Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道の野幌森林公園で実施したテン類の生息状況調査において,2006年5月と2007年7月,2008年5月の計3回にわたってテン属<i>Martes</i>を確認した.このうち,2007年7月の捕獲個体に関しては,画像やDNAの試料がなかったため種判定ができなかったが,それ以外の2個体については,それぞれ画像判定とミトコンドリアDNAによる種判定の結果からクロテン<i>Martes zibellina</i>であることが確認された.また,体サイズから2008年5月に回収した死体は約1ヶ月齢の幼獣と推定された.野幌森林公園においてクロテンの生息が確認された公式な記録は2004年11月の自動撮影記録のみであり,実際にDNA分析によりその生息が確認されたのは今回が初めてのことである.また,クロテンの幼獣個体が確認されたことにより,同公園内においてクロテンが自然繁殖している可能性が示唆された.<br>

In Hokkaido, two <i>Martes</i> species (the native sable <i>Martes zibellina brachyura</i>, and the introduced Japanese marten <i>Martes melampus</i>) are allopatrically distributed, and the habitat boundary in central Hokkaido between both species is still controversial. We have found evidence of <i>Martes</i> inhabiting Nopporo Natural Forest Park in central Hokkaido three times: May 2006, July 2007 and May 2008. Although the animal captured in July 2007 was not identified to species because of the lack of photo data, both the animal captured in May 2006 and the carcass found in May 2008 were identified as <i>M. zibellina</i> by photo analysis and mitochondrial DNA analysis, respectively. The size of the carcass suggested that the animal was a juvenile of about one month old. Mitochondrial DNA analysis showed a high homology to <i>M. zibellina</i>, not <i>M. melampus</i>. The results indicated the inhabitation and possible natural breeding of <i>M. zibellina</i> in Nopporo Natural Forest Park.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 51(2), 321-325, 2011-12-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030473384
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    023426146
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ