ディスク式中耕培土機の開発と基礎試験(第1報) : 開発機の概要, チゼルの併用と作業速度に関する試験 Development and Basic Tests of Disk Cultivator-Ridger (Part 1) : Outline of Developed machine, Tests on Use of Chisels and Tests on Travel Speeds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 後藤 隆志 GOTOH Takashi
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization
    • 手島 司 TESHIMA Tsukasa
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization
    • 藤井 幸人 [他] FUJII Yukito
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization
    • 大西 正洋 OHNISHI Masahiro
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

わが国において中耕培土作業に広く利用されているロータリ式中耕機の問題点として,湿潤土壌時に土を練ること,作業速度が遅いことがある。これらの問題を改善するため,前後に設けた2対のディスクが作物条間を通過する際に土壌の抵抗で回転し,土を横に反転移動させることにより中耕培土を行うディスク式中耕培土機を開発した。チゼルの併用および作業速度に関する試験を行い,(1)ディスクの食込みが悪いほ場では,チゼルを作用させることにより培土性能を維持できること,(2)砕土性能は作業速度を高めても変わらないこと,(3)培土性能は作業速度が1.0~1.6m/s程度の時に最も安定することなどが明らかになった。

The problems of rotary cultivators that are widely used in Japan for inter-row cultivating and earthing up are soil kneading under wet soil conditions and low travel speed. To improve these problems, we have developed disk cultivator-ridgers. With these machines, inter-row soil is turned over laterally by the revolution of the disks and consequently inter-row cultivating and earthing up are performed. The effect of chisels and travel speeds was investigated and the following results were obtained. (1) In fields where disks cold not cultivate sufficiently, earthing up performance was maintained by the use of chisels. (2) The soil pulverizing performance did not become worse at higher travel speeds. (3) The most stable earthing up performance was obtained at travel speeds of 1.0-1.6m/s.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 74(1), 56-65, 2012-01-01

    農業食料工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030474593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    023459756
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ