ディスク式中耕培土機の開発と基礎試験(第3報) : 耕深と培土量の調節に関する試験 Development and Basic Tests of Disk Cultivator-Ridger (Part 3) : Tests on Cultivating Depth and Disk Adjustment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 後藤 隆志 GOTOH Takashi
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization
    • 手島 司 TESHIMA Tsukasa
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization
    • 藤井 幸人 [他] FUJII Yukito
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization
    • 大西 正洋 OHNISHI Masahiro
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター Institute of Agricultural Machinery, Bio-oriented Technology Research Advancement Institution, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

開発したディスク式中耕培土機を供試し,2箇所の大豆栽培ほ場において耕深調節用定規輪の取付け位置に関する試験を,1箇所の裸地ほ場と3箇所の大豆栽培ほ場において前・後列ディスクのディスク角と後列ディスクの取付け間隔に関する試験を行った。その結果,(1)定規輪を機体前方に取付けた場合と中耕ユニットの後方に取付けた場合で培土性能に大きな差はないこと,(2)作物条間が広くなるにつれ前列ディスクのディスク角を大きくすること,作物条間によらず後列ディスクの取付け間隔を40~45cmに保つこと,作業速度が0.5m/s程度高まるに従い後列ディスクのディスク角を7.5゜小さくすることにより適正な培土性能を確保できることが明らかとなった。

The effect of the position of gage wheels and disk adjustment on the earthing up performance of two disk cultivator-ridger prototypes was investigated in two fields planted with soybean, in one uncultivated field and three fields planted with soybean respectively. The following results were obtained. (1) There were few differences between front gage wheels and rear gage wheels on earthing up performance. (2) To secure optimal earthing up performance, it was important that the disk angle of the front disks was increased in proportion to the distance between rows, the distance between the rear disks was maintained at 40-45cm regardless of distance between rows, and the disk angle of the rear disks was reduced by 7.5°for every increase of 0.5m/s in travel speed.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 74(1), 72-78, 2012-01-01

    農業食料工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030474605
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    023459837
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ