ハンディー型蛍光X線元素センサー Handy-Type X-Ray Fluorescence Element Analyzer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 河合 潤 KAWAI Jun
    • 京都大学大学院 工学研究科 材料工学専攻 Department of Materials Science and Engineering, Kyoto University

抄録

ハンディー型蛍光X線分析装置について概略を解説した.簡単な開発の歴史,卓上型蛍光X線装置やより大型の装置との比較,ハンディー型での分析実例などについて述べた.金属スクラップのリサイクル,工業製品の有害元素の制御,不動産取引における土壌中の有害元素分析,レアメタルの鉱山開発などにおける用途について解説した.ポータブル蛍光X線装置は2010年の段階で世界中に45000台が販売された.

Handy X-ray fluorescence (XRF) spectrometers are reviewed. A brief history of development, comparison with desk top or larger XRF spectrometers, and analyzed data examples are described. The usages of handy spectrometers related to recycling of metal scrap, control of hazardous elements in industrial products, toxic element analysis of soil at the trading of immovables, and developing a mine of rare metals, are discussed. The total number of portable XRF has been over 45000 all aver the world at the stage of year 2010.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 60(12), 512-517, 2011-12-15

    公益社団法人 腐食防食学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030476909
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    023373090
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ