埋設鋼管の塗覆装損傷部に流入するカソード電流密度の推定に関する基礎検討 Basic Examination for the Prediction of Cathodic Current Density Flowing into Holiday of Buried Steel Pipe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埋設鋼管の塗覆装損傷部を防食するため電気防食は広く適用されている.塗覆装損傷部に流入する電流密度を直接測定することは困難である.そのため,埋設鋼管の近傍に埋設したプローブに流入するカソード電流密度を指標として埋設鋼管の電気防食を管理している.塗覆装損傷部に流入するカソード電流密度が分かれば,精度の高い電気防食管理や損傷部の補修工事を行うことができる.そこで,地表面の電位勾配を用いて塗覆装損傷部に流れるカソード電流密度の推定を行う理論式を構築した.そして,塗覆装損傷部に流れるカソード電流密度の推定方法が有効であることを実験で示した.

Cathodic protection has been widely applied to protect the holidays of buried steel pipes from corrosion. Since it is difficult to measure the density of cathode current flowing directly into the holidays, buried steel pipes are controled by the density of cathode current flowing into the probes attached on the pipes. If we can estimate the density of cathode current flowing into the holidays, it is possible to repair the holidays and to control cathodic protection precisely. We have constructed a theoretical equation with potential gradient on the earth in order to estimate the density of cathode current flowing into the holiday. Experiments using simulated pipes with holidays have proven the validity of our estimation method.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 61(3), 98-100, 2012-03-15

    公益社団法人 腐食防食学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    SATO T.

    Proc. Fusyoku-Bosyoku 87 69, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    ISHIDA S.

    Kogyoyousui 15, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    ADACHI H.

    Zairyo-to-Kankyo 40, 19, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    KODAMA T.

    Proc. 158th Symposium, 2007 41, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAKAHASHI K.

    Secchigijyutsunyumon, 2002 43, 2002

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030477158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    023596149
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ