地球統計学的手法によるカナダ・アルバータ州オイルサンド開発地域における反射法地震探査データの深度変換の高精度化 An optimization of depth conversion of seismic data by a geostatistical approach for an oil-sands development field in Alberta, Canada

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 カナダのアルバータ州にあるオイルサンド貯留層の三次元地質モデル構築の際に,地球統計学の手法を応用して深度構造モデルの高精度化を図るとともに,地震波属性値記録の深度変換を実施した。構造モデルの構築では,オイルサンド貯留層の上面と基底面それぞれについて,水平方向のデータ密度が高い三次元地震探査の解釈ホライゾン(時間構造)と垂直方向のデータ精度の高い坑井深度の情報を地球統計学的な手法により調和的に統合して深度構造を推定した。オイルサンド貯留層の上面と基底面のそれぞれの時間構造と深度構造の情報に,さらにオイルサンド貯留層区間の地震波速度が水平方向に対しては変化するものの深度方向に対しては一定であると仮定すると,オイルサンド貯留層区間内の任意のデータサンプルの往復走時を深度に変換できる。この方法により,時間軸上の地震波属性値の情報を深度軸上の情報に変換することで,地震波属性値の深度ボリュームを作成した。本解析直後に対象地域内において5本の坑井が掘削された。地表からの深度約300mに存在するオイルサンド貯留層の上面と基底面について,掘削前の深度の予測値と掘削後に確認した深度の値とを比較したところ,その差は2m以下であった。その後,近隣の地域で取得した4つの三次元地震探査データにも本手法による深度変換が引き続き実施され,各地域の地下の三次元地質構造や岩相分布の推定に貢献した。

 Depth structure maps were estimated from both their time structure maps and well top data using a geostatistical approach, and seismic attribute time volumes were converted to their depth volumes in the oil-sands reservoir in Alberta, Canada. The objective of the study was to provide basic information in the depth domain for constructing three-dimensional (3D) geological depth models of the oil-sands reservoir.  Well log information is precise vertically, but sparse sampled data horizontally. Seismic interpretation time data are less precise than well log data vertically, but dense, well-sampled data horizontally. The seismic interpreted horizons and the well depth information of the reservoir top and bottom were geostatistically integrated to estimate the depth structure maps of them. Time volumes were also converted to their depth volumes using simple relationships between the time structure maps and the depth structure maps of the reservoir top and bottom on the assumption that the seismic interval velocities in the reservoir interval vary horizontally, but they were vertically constant.  After the study, five new wells were planned and drilled in the study area. Depth prediction errors of the reservoir top and bottom were less than two meters at the wells. The geostatistical approach continued to be applied to the other four 3D seismic surveys acquired later in the adjacent oil-sands areas, and depth structure maps and depth seismic attribute volumes estimated by the method were helpful for geological interpretation studies in those area.

収録刊行物

  • 物理探査

    物理探査 64(5), 319-330, 2011-10-01

    社団法人 物理探査学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030477332
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    023598817
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ