南関東地域における地震波干渉法に基づく表面波のスローネストモグラフィ解析 Tomographic analysis of surface wave slowness estimated with seismic interferometric processing of continuous microtremor data in the southern Kanto area, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 南関東地域における微動の連続観測記録を用いて地震波干渉法理論に基づいて推定された表面波のスローネストモグラフィ解析を行った。解析では,山中ほか(2010)による観測から得られる微動データを用いて各観測点間で推定されたグリーン関数の表面波のスローネスを基にして,南関東地域を0.125°毎のセルに分割し,同時反復法により繰り返し計算を行い,周期 2 から 6 秒の表面波群速度のトモグラフィマップを作成した。その結果,関東平野中央部や東京湾では群速度が小さく,伊豆半島や関東平野西端部では群速度が大きいことが分かった。解析結果と既往のモデルによる表面波の基本モードの理論群速度マップおよび理論分散曲線とを比較し,伊豆半島,関東平野西端部および相模湾地域に,両者の顕著な差異を確認した。既往の 3 次元 S 波速度構造モデルの妥当性を検証するために各セルでのトモグラフィ解析結果による表面波群速度分散曲線の逆解析を行った。トモグラフィ解析結果で差異が大きかった相模湾においては逆解析結果により既往のモデルよりも層厚が小さいことが分かった。また,既往のモデルでは地震基盤が露頭していると仮定されていた伊豆半島における堆積層の存在を示唆する結果を得た。

 Tomographic analysis was conducted using surface wave group velocity estimated with a seismic interferometric process of continuous microtremor data obtained at stations in the southern Kanto area by Yamanaka et al. (2010). The region is divided into 0.125° cells with a constant group velocity in the tomographic analysis. The tomographic image is constructed using the Simultaneous Iterative Reconstruction Technique for slowness of Rayleigh and Love waves. The tomographic maps of the surface wave group velocities at periods of 2 to 6 seconds show the regional variations of the group velocity dispersion curve. We found that the regions of Tokyo bay and lowland have low group velocities, while the western marginal parts of the Kanto basin and the Izu peninsula have high group velocities. The comparison of the tomographic maps between the observed and calculated ones by the existing 3D basin model shows significant differences in the regions of the Izu peninsula, basin edge and Sagami bay. The resulting dispersion curve of the surface wave group velocity in each cell was inverted to a 1D S-wave velocity profile in order to validate the existing 3D model. The results show that the thicknesses of the sedimentary layers are thinner than the previous model in the region of Sagami bay where the differences of the group velocity were significant. It also indicates the possibility of an existence of the sediment layers of the Izu peninsula about 1km deep.

収録刊行物

  • 物理探査

    物理探査 64(5), 331-343, 2011-10-01

    社団法人 物理探査学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030477344
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    023598870
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ