ベントナイトの比抵抗と物理的・化学的特性との関係 Relationships of resistivity to physical and chemical properties of bentonites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 ベントナイトは様々な分野の産業で利用されている粘土である。ベントナイトは高い導電性を示すスメクタイトを多量に含むことから,一般にその比抵抗は非常に低い。したがって,地下の比抵抗分布を求める電気・電磁探査はベントナイト探査に適していると考えられる。このことを確認するため,川崎鉱山および月布鉱山のベントナイトや周辺に分布する岩石を採取し,その比抵抗を他の物理的特性および化学的特性とともに計測した。比抵抗は含水率や膨潤度と高い相関を示した。また,沸石を含む岩石を除くと,比抵抗は陽イオン交換容量(CEC)とも相関を示した。特に比抵抗とメチレンブルー吸着量との間には高い相関が認められた。メチレンブルー吸着量はベントナイトの性状を評価する指標として使われていることから,電気・電磁探査法は地下にあるベントナイトの探査や評価に有効な手法であると考える。<br>

 Bentonite is widely used for various industrial fields. The resistivity of bentonite is generally very low because it contains a lot of smectite which has high conductivity. It means that the electrical and electromagnetic methods are suitable for bentonite exploration. In order to confirm it, we measured the resistivity with other physical and chemical properties of the samples of bentonites and surrounding rocks of the Kawasaki and Tsukinuno bentonite mines. The resistivity is well correlated with the water content and the free swell. Except the rocks containing zeolite, the resistivity is also related to the cation exchange capacity (CEC). A good correlation was found between the resistivity and the methylene blue adsorption that is used as an index of the quality of a bentonite. These facts indicate that electrical and electromagnetic surveys are effective for subsurface bentonite exploration and evaluation.<br>

収録刊行物

  • 物理探査

    物理探査 64(5), 359-366, 2011-10-01

    社団法人 物理探査学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030477390
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    023598944
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ