在宅自立高齢者における口腔カンジダ菌の保菌状態に関する調査  [in Japanese] Research on carriage of Candida species in oral cavities of the home-independent elderly  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 後藤 隼 GOTO Jun
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔診断内科学教室 Oral Diagnosis and Medicine, Department of Oral Pathobiological science, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University
    • 山崎 裕 YAMAZAKI Yutaka
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔診断内科学教室 Oral Diagnosis and Medicine, Department of Oral Pathobiological science, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University
    • 佐藤 淳 SATO Jun
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔診断内科学教室 Oral Diagnosis and Medicine, Department of Oral Pathobiological science, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University
    • 秦 浩信 HATA Hironobu
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔診断内科学教室 Oral Diagnosis and Medicine, Department of Oral Pathobiological science, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University
    • 大内 学 OOUCHI Manabu
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔診断内科学教室 Oral Diagnosis and Medicine, Department of Oral Pathobiological science, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University
    • 守屋 信吾 MORIYA Shingo
    • 国立保健医療科学院口腔保健部口腔保健技術室 Department of Oral Health, National Institute of Public Health
    • 北川 善政 KITAGAWA Yoshimasa
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔診断内科学教室 Oral Diagnosis and Medicine, Department of Oral Pathobiological science, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University

Abstract

口腔カンジダ症はCandida albicansをはじめとするカンジダ菌の増殖による日和見感染症である.口腔カンジダ菌の保菌状態に関連する因子として,加齢,義歯,口腔乾燥,服用薬剤,糖尿病などが指摘されている.口腔カンジダ菌の保菌状態に関する従来の報告は,被験者数が少なく,対象年齢が広範すぎたり,また検討された因子が一部の関連因子に関するものが大部分であった.そこで本研究では65歳~74歳の前期高齢者のみを対象とし,口腔カンジダ菌の保菌率と,それに関連するさまざまな因子を検討した.余市町の在宅自立高齢者に対して2009年12月に実施した口腔健康調査の際に,口腔カンジダ菌の培養検査を施行し,診査時に口腔カンジダ症が疑われる所見を認めなかった382人を対象とした.被験者に対しては,事前に全身と口腔の健康に関する質問票を送付して記入してもらい,調査当日に持参させた.調査会場では歯や歯周組織の状態,欠損補綴物の種類,口腔清掃状態,口腔乾燥の有無などを診査した.カンジダ菌は舌背から採取した検体をクロモアガー培地で培養した.カンジダ菌検出の有無による2群間でアンケート調査と口腔内診査の結果を検討した.また,欠損補綴物ごとにカンジダ菌種を比較した.被験者全体の口腔カンジダ菌の検出率は64%,有床義歯使用者では74%だった.検出されたカンジダ菌の内訳は,C.albicansが56%,C.glabrataが31%だった.全身と口腔に関するさまざまな因子を検討したところ,検出率と有意に関連していたのは,年齢と客観的口腔乾燥の有無,有床義歯の有無の3つであった.欠損補綴物別の検出率は欠損補綴物なしが44%,橋義歯が51%,部分床義歯が71%,全部床義歯が79%で,有床義歯使用者では非使用者に比べ有意に検出率が高く,C.albicans+C.glabrataの混合菌種の割合が高くなった.単変量解析で有意差が認められた3項目に関して多変量解析を行ったところ,年齢(オッズ比1.7)と有床義歯の有無(オッズ比3.0)がカンジダ菌の検出に有意に関連する独立因子であった.本研究の結果から,健常な前期高齢者において有床義歯は,カンジダ菌の保菌と最も関連した因子であり,カンジダ菌叢の変化が認められた.

Journal

  • 北海道歯学雑誌

    北海道歯学雑誌 32(2), 210-221, 2012-03-15

    北海道歯学会

References:  60

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10030576434
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00229778
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09147063
  • Data Source
    CJP  CJPref  IR 
Page Top