下垂体疾患治療の進歩  [in Japanese] Development of medical treatment for pituitary disease  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 高野 幸路 TAKANO Koji
    • 東京大学腎臓・内分泌内科 Department of Nephrology and Endocrinology, Faculty of Medicine, the University of Tokyo

Abstract

下垂体疾患の臨床は近年大きく進歩した.外科治療の進歩に加え,有効な内科治療薬が多くの分野で複数開発された.これにより,先端巨大症,プロラクチノーマなどでは大多数の患者を治癒状態にできるようになってきている.これには,各疾患の病態生理が明らかになり,治療薬の作用機構も詳細に解明されたことも大きく寄与している.基礎研究,臨床研究の成果により優れた治療薬の開発がなされてきた.本稿ではその一端を紹介したい.<br>

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 101(4), 975-984, 2012-04-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  28

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10030748727
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    023766024
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top