ナメクジの脳が持つしたたかさ : 再生能力, 頑健性, そして柔軟性 Regenerative ability, robustness, and flexibility of the brain of the terrestrial slug Limax

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 哺乳類の脳は,ひとたび損傷を受けると再生することが非常に難しく,また脳の構成要素であるニューロンは,最終分化を果たしていて細胞周期は停止した状態である。一方、軟体動物腹足類であるナメクジの中枢神経組織は、損傷や欠損を受けても自発的に構造レベル、機能レベルでの回復を遂げることができる。例えば触角は,切断を受けてもそこに含まれる神経組織を含めてほぼ完全に再生することができる。同時に,大小二対存在する触角は,互いに機能レベルでの冗長性も有している。また,脳の左右に一対存在し,高次嗅覚機能を担っている前脳葉と呼ばれる部位は,損傷や欠損を被った際,自発的に組織レベル,機能レベルでの回復を遂げることができる。そして前脳葉自体も,常に左右いずれか片方ずつが機能するという,ある種の機能的冗長性を有している。さらに,ナメクジのニューロンは,物質合成能を高める必要がある場合には自身のゲノムDNA量を増やすことさえできる。本稿では,こういった,我々哺乳類には到底不可能な,さまざまな離れ業を示すナメクジの神経組織について紹介する。

The brain of mammals can hardly regenerate once it is physically damaged. Its constituent neurons are terminally differentiated, and have essentially ceased to divide. On the other hand, the central nervous system of the gastropod <I>Limax</I> can spontaneously regenerate, and recover its structure and function even if it is damaged or ablated. Tentacles, for example, are able to regenerate their original structure if they are amputated. Moreover, two pairs of tentacles have functional redundancy each other. The spontaneous regeneration can also be observed in the procerebra, bilaterally equipped brain parts involved in the higher olfactory functions. Here again, the bilateral procerebra exhibit a kind of functional redundancy where only either right or left procerebrum functions at a time. Finally, the neurons are able to amplify their genomic DNA to meet the increasing demand for the macromolecules during the body growth. In this review article, I introduce the central nervous system of <I>Limax</I> that shows exquisite feats of flexible change far exceeding the conceptual framework that is taken for granted by researchers in the field of mammalian neuroscience.

収録刊行物

  • 比較生理生化学

    比較生理生化学 28(3), 253-258, 2011-10-31

    日本比較生理生化学会

参考文献:  47件中 1-47件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030754202
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10391932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09163786
  • NDL 記事登録ID
    11291894
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1651
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ