変異行動からの眺め From the perspective of variant behaviors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森山 徹 MORIYAMA Tohru
    • 信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点 Young Researchers Empowerment Center, Shinshu University

抄録

本能行動は,動物の生存や繁殖の成功を実現するという意味において適応的である。一方,実験者が本能行動を観察しようとするとき,適応とは無関係と思われる変異行動もしばしば観察される。しかし,「変異行動がどのようなメカニズムで生成するのか」「そのメカニズムの機能的意義はどのようなものなのか」といった問題は,これまでの動物行動学ではほとんど扱われてこなかった。また,本能行動の神経機構を探る神経行動学や生理学の分野では,変異行動はそもそも除外される対象であったと思われる。 本稿では,動物は変異行動を生成する能力を備え,それによって,環境が突発的に変動する際,新たな適応行動を生成できることを,オカダンゴムシやオオグソクムシを用いた行動実験で例示する。

While instinctive behavior is adaptive for animals in terms of survival and reproductive success, we sometimes find non-adaptive variant behaviors in observing instinctive behaviors. However, the questions "How are variant behaviors generated?" and "What is the functional meaning of the mechanism of variant behaviors?" have not been focused in ethology. Especially in neuroethology and physiology, variant behaviors seem to have been excluded for investigation of the neural mechanism of instinctive behaviors. In the present paper, by the behavioral experiments of pill bug and giant isopod, we illustrate that animals have capacity to generate variant behaviors and can create novel adaptive behaviors by the capacity when their surroundings change for a short time.

収録刊行物

  • 比較生理生化学

    比較生理生化学 28(3), 273-277, 2011-10-31

    日本比較生理生化学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030754294
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10391932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09163786
  • NDL 記事登録ID
    11292000
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1651
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ