アメフラシのD型アミノ酸含有神経ペプチド, NdWFamide NdWFamide : a D-amino acid containing neuropeptide of an opistobranch gastropod, Aplysia kurodai

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森下 文浩 MORISHITA Fumihiro
    • 広島大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 情報生理学研究室 Department of Biological Science, Graduate School of Science, Hiroshima University
    • 古川 康雄 FURUKAWA Yasuo
    • 広島大学 大学院総合科学研究科 人間科学部門 生命科学研究領域 Division of Human Science, Graduate School of Integrated Arts and Sciences
    • 松島 治 MATSUSHIMA Osamu
    • 広島工業大学 環境学部 地球環境学科 Department of Global Environment Studies, Faculty of Environmental Studies, Hiroshima Institute of Technology

抄録

 動物の恒常性や行動の調節において重要な役割を担う神経ペプチドやペプチドホルモンの中には,特定のアミノ酸残基がD型化しているものがある。これらのペプチドは,元々,全てL型アミノ酸を用いて生合成され,翻訳後修飾の過程でイソメラーゼによりD型化される。われわれは,アメフラシから強力な心拍動増強作用をもつ3残基ペプチド,NdWFamide(NdWFa)を同定した。このペプチドは,その名の通り,Asn-Trp-Phe-NH<SUB>2</SUB>という構造をもち,2残基目のTrpがD型化している。このペプチドは,アメフラシ腹部神経節のRUQニューロン群に発現し,心臓・血管系などに局在する。D-Trpは,NdWFaの立体構造の維持に不可欠であり,その特徴的な構造がペプチドの生理活性やペプチダーゼに対する耐性の獲得に重要であることがわかってきた。さらに,最近では数種の腹足類おいてNdWFaおよびその関連ペプチドをコードする前駆体蛋白質の構造も明らかとなった。この総説では,NdWFaに関する知見を中心に,D型アミノ酸含有ペプチドのユニークな特徴について概説する。

D/L-isomerization of a particular amino-acid residue of bioactive peptides is a rare, but attractive phenomenon. NdWFa (Asn-D-Trp-Phe-NH<SUB>2</SUB>) is a D-Trp-containing neuropeptide, originally identified in an opistobranch gastropod, <I>Aplysia kurodai</I>. In this animal, the major source of NdWFa is neurons located in the right-upper quadrant of the abdominal ganglion. NdWFa has a potent cardioexcitatry action on the <I>Aplysia</I> heart with the threshold concentration around 10<SUP>-10</SUP> M. It also induces contraction of blood vessels of the animal. NdWFa has high resistance to digestion by peptidase, although it is inactivated by deamidase activity in nervous tissue of the animal. The nuclear magnetic resonance analysis demonstrated a unique structure of NdWFa, which is not observed when the D-Trp is replaced to L-Trp. This structure seems to be essential for the bioactivity on the <I>Aplysia</I> heart and resistance to peptidase digestion of the peptide. In this review, we will describe the identification, localization, physiological activities and precursor gene of NdWFa to exemplify the D-amino acid containing neuropeptide in gastropods. We will also refer to the D/L-isomerase that converts L-amino acid to D-amino acid in the post-translational modification of bioactive peptides.

収録刊行物

  • 比較生理生化学

    比較生理生化学 28(4), 308-316, 2011-12-20

    日本比較生理生化学会

参考文献:  48件中 1-48件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030754322
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10391932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09163786
  • NDL 記事登録ID
    023455315
  • NDL 請求記号
    Z18-1651
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ