魚類における恐怖・不安行動とその定量的観察 Measuring fear and anxiety in fish

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 恐怖や不安は,動物の生命存続のためになくてはならない情動であり,様々な情動のうちでも比較的研究が進んでいる。魚類における恐怖や不安の神経機構を調べる上で,それらの情動を再現し,定量的に計測するための有効な方法が不可欠である。最近,従来の動物心理学的な手法に,エソロジカルな考え方も取り入れた魚類の不安の定量化法が導入されつつある。代表的な例のひとつが「新奇環境テスト」であり,これは不安を惹起するような新しい環境(水槽)に魚が遭遇したとき,どのように対処するかを定量的に観察する方法である。もう一つが明暗(白黒背景)選好性テストであり,背景が暗いほうが安心するという魚の習性を利用した不安の定量法である。一方,恐怖については,古典的恐怖条件付けや回避条件付けなどの手法で定量化できるほか,警報物質や捕食者に対する生得的な恐怖反応を利用する方法も開発されている。これらの恐怖・不安定量化法を利用して,情動のメカニズムに関する行動神経科学的,生物医学的研究が進められている。 魚類は多様な環境に適応放散しているが,そのごく一部が研究対象となっているにすぎない。今後,興味深い不安・恐怖行動を示す魚種が発見され,情動メカニズムの進化の解明に寄与することを期待する。

Fear and anxiety are indispensable defense reactions for survival of animals, and have been relatively well investigated among various emotions. To reveal neural mechanisms underlying fear and anxiety in fish, it is essential to employ robust and quantitative method to measure the level of fear and anxiety. Recently, in addition to classical comparative psychological tests, some behavioral tests incorporating ethological viewpoint for evaluating fish fear/anxiety have been introduced. Typical behavioral tests for measuring anxiety level include the novel environment test and light/dark preference test. Classical fear conditioning and avoidance learning can be used to examine the conditioned fear that is subjected to quantitative analysis. Innate fear response can be reproducibly evoked by exposing the fish to alarm substance. Visual and/or chemical contacts with sympatric predators also evoke fear responses in some fishes. These days, using such behavioral tests, many behavioral neuroscientific and biomedical researches have been conducted to investigate neural substrates of fear and anxiety in fishes. However, only a few species have been utilized for such researches while a great number of fish species have been adaptively radiated to various aquatic environments. Fishes showing intriguing fear/anxiety behavior might be awaiting to be discovered.

収録刊行物

  • 比較生理生化学

    比較生理生化学 28(4), 317-325, 2011-12-20

    THE JAPANESE SOCIETY FOR COMPARATIVE PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY

参考文献:  60件中 1-60件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030754371
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10391932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09163786
  • NDL 記事登録ID
    023455340
  • NDL 請求記号
    Z18-1651
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ