木材・プラスチック複合材(混練型WPC)の規格動向 Trends in standardization of Wood-Plastic Composites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

木粉とポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)などの熱可塑性プラスチックを加熱下で混練し成形させた「木材・プラスチック複合材(Wood-plastic Composites;混練型WPC)」(以下WPCと略す)は,林地残材等の未利用木質バイオマスや廃棄物としての木粉及びプラスチックを原料にできることから,環境資材として近年注目されている。本総説では国内及び海外のWPCの関連規格についてその動向を紹介する。

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation

    木材保存 = Wood preservation 38(3), 94-104, 2012-05-25

    日本木材保存協会

参考文献:  29件中 1-29件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030759758
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    023808360
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ