術前経口補水療法は医療の安全と質を向上させる Preoperative Oral Rehydration Therapy Improves the Safety and Quality of Healthcare

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐々木 俊郎 SASAKI Toshio
    • 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター麻酔科 Department of Anesthesiology, Kanagawa Cancer Center
    • 谷口 英喜 TANIGUCHI Hideki
    • 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター麻酔科 Department of Anesthesiology, Kanagawa Cancer Center
    • 柴田 俊成 SHIBATA Toshinari
    • 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター麻酔科 Department of Anesthesiology, Kanagawa Cancer Center
    • 藤田 久栄 FUJITA Hisae
    • 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター麻酔科 Department of Anesthesiology, Kanagawa Cancer Center
    • 高野 修身 TAKANO Osami
    • 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンターICU科 Department of ICU, Kanagawa Cancer Center

抄録

  術前の補水療法は,点滴による輸液(IVT)が行われてきたが,経口補水療法(ORT)に変えるとIVTに伴うリスクは消失する.術前ORTの導入により神奈川県立がんセンターにおける輸液関連のインシデントは減少した(IVT vs. ORT:27 vs. 15件/月,<I>P</I>=0.0003).術前ORT導入により医療業務が簡素化され,医師,薬剤師,看護師など多職種の業務負担の軽減となった.術前ORTを導入すると,医療収益(食事療養費)が発生する.術前ORTの導入により医療安全・医療の質が向上し,さらに医療業務の最適化により効率性と経済性が高まった.

  Intravenous infusion therapy (IVT) has been used for preoperative rehydration. However, oral rehydration therapy (ORT) is thought to eliminate the risks associated with intravenous infusion therapy. In our hospital, medical errors related to intravenous infusion therapy decreased significantly when oral rehydration therapy was given (IVT: 27 incidents/mo; ORT: 15 incidents/mo, <I>P</I>=0.0003). In addition, oral rehydration therapy simplified medical practice, which decreased the workload of physicians, pharmacists, and nurses while generating revenues (dietary medical expenses). In conclusion, oral rehydration therapy improved the safety and quality of preoperative care, increased staff members' efficiency, and provided both optimal medical therapy and economic benefits.

収録刊行物

  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia

    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 32(3), 317-324, 2012-05-15

    THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030763113
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330159
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02854945
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ